カテゴリー「妊婦時代」の記事

妊娠中期~後期の頃

安定期に入ってからはつわりもおさまり、食欲も出て元気にすごした。

6ヶ月から急にお腹が大きくなっていった。

8ヶ月になりお腹のはりが頻繁になりはり止めの薬をもらう。

ある日の夕方、お腹のはりが続くので薬を飲んでみた。

しばらくソファで横になっていたけど晩御飯の準備をしようと立ち上がる。

キッチンに向かって歩きながらふらふらしてる事に気づく。

心臓がバクバクして気持ち悪くなる・・・。

カップボードまで行き扉を開けて食器を取ろうとした時、目の前が見えなく

なってきた。

あっやばいな・・・っと思った次の瞬間。

意識を失い床に倒れた。

おしりを打った痛みで目が覚めた。

キッチンマットの上にへたり込むように座っている自分。

目の前には私を見ているルナ。

状況がわからなかった。

何をしていたのか思い出せない。

ルナに聞く。

わたし 「お母さん、何してた?」

ルナ  「・・・・?」  首をかしげる。

わたし 「そうか!サランラップを取ろうと思ったんだ!」

キッチンの引き出しからサランラップを取り出す・・・・ん?

違う!私倒れたんだ!!

本当に一瞬気を失っただけでしたが記憶が飛んだのにびっくりwobbly

左ひじに痛みがあり、おそらくカップボードから引き出していた炊飯器にひじを

ぶつけ、おしりから床に落ちていったみたい。

炊飯器が移動していたからsweat02

薬の説明書に副作用で動悸・息切れと書いてあったsweat02

まさか意識を失って倒れるなんて・・・。

初めての事だったし、お腹をぶつけてたらと思うとしばらく動けなくなった。

次の検診で先生にその事を伝えたら

先生 「もう飲むのはやめましょう。統計的にも早産の防止になっていないよう

     だから、はってきたら横になって安静にして下さい。」

なんだそりゃsweat02

そうして私は散歩もできなくなってしまったdown

妊娠期間中、元気に動けたのは6~7ヶ月の2ヶ月だけ。

その期間暇だったので短期の事務のアルバイトに行ってたくらい余裕だった。

家にじっとしているのがもったいなくてせっかくだからとユーキャンの医療事務

講座をすることにした。9ヶ月半ば。

ついでにお小遣い稼ぎに内職も始めた。

3月に入り、不思議な夢を見た。

夢の中でおへそからあかちゃんの右手が出てきて私の人差し指をにぎった。

そしてそのままお腹はあかちゃんの形になり私はあかちゃんを抱っこする。

お腹とあかちゃんはくっついたまま。

新生児にしてはかなり大きなあかちゃん。

おかしいなぁと夢の中で思う。

手も大きかった。あかちゃんにしては。

私はあかちゃんに言った。

わたし 「まだ生まれるのは早いよ。まだ1ヶ月先だよ!」

Baby  「そうなの?じゃあもう少しお腹にいるね。」

と言ってあかちゃんはお腹の中に帰って行った。

その戻っていく感じがやけに生々しく覚えている。

なんだかリアルな夢。

でもこれはBIGに生まれてくるよと教えてくれていたのだと後でわかる。

臨月に入り気づく。

今までなかった妊娠線ができている!!

そしてそれはあっと言う間に広がりお腹のおへそから下はスイカ模様になったcrying

その頃またしてもお腹が大きくなっていた。

かがむ事が苦しいくらいみぞおちのとこからお腹が膨らみ足元が見えなかった。

3月31日に最後の検診を受けた。

あかちゃんは降りてきているけど子宮口は閉じていてまだ生まれそうにない。

産道をやわらかくする薬を毎回入れられたのですがそれがなんとも痛くてsweat01

溶けるまで痛くて動けないくらいでした。

推定体重は3300gとの事。

私はゆうたんにずっと予定日に産まれておいでね。3200gくらいで生まれて

きてねといい聞かせてました。

出てくる時はつるんと出てくるんだよ!とも(笑)

4月5日はとぉとは神戸に結婚式に行かないといけないから生まれてはいけ

ないよ!

このお願いはことごとく叶わないのである・・・。

妊娠初期の頃②

<2007年8月10日>6週と0日

再び出血。

会社の仲間だった人と食事しに外出しただけなのに・・・。

膜のような塊が出てきてまさか・・・これが赤ちゃんだったらどうしよう・・・。

病院へ。

Img438_2

胎嚢は4日前よりずっと大きくなっておりその中に3ミリの赤ちゃんが見えた。

そして心拍も確認。

小さな小さなその心臓の動きを見た時、初めて私の中に赤ちゃんが生きて

いるのだと実感でき涙が出そうだった。

大きな黒い部分が胎嚢でそのまわりの黒いまだらが出血の跡。

この日は不妊外来が終わっていたので産科の先生に診てもらった。

その先生は「お母さん。これだけ出血してるから家では絶対安静だよ!トイレとお風呂

以外は寝ときなさい。それができなきゃ入院してもらうよ!」

・・・え?

そんな状況なの??

不妊外来の先生はそこまで言わなかったのに?

いわゆる切迫流産という事。

ただ講習で座っていただけ。

ただ食事に出ただけ。

それで出血してしまうなんて!!!

仕事をしていたらどうなっていたんだろう・・・。

この日から私は寝たきりの生活になる。

日々ひどくなるつわり。

吐き気がひどく食欲もない。

ひたすら寝るだけの時間。

昼は気持ち悪く寝ると時間が早く過ぎるので寝る。

そして夜は疲れていない為に眠れない・・・。

おとなしくしていても出血する事があり、その度に受診。

毎回赤ちゃんが元気な事を確認しては安心する。

<2007年9月10日>10週4日

Img434

ドラえもんみたい☆

だんだんと人間らしくなってきた♪

赤ちゃんの上にある黒い部分は出血の跡。

外には出てこなくても出血の跡はある。

この日出産予定日が2008年4月4日と決定☆

<2007年9月27日>12週と6日

Img433

前病院に戻る。

この病院の方が家から近いのとLDRで出産できるし、立会い出産に関しても

とても気楽な病院なのだ。

父親学級を受けなくてもその日になって急に立会いになってもOK!

だれが立ち会ってもOK!

全室個室☆

赤ちゃんと面会の人に対しても手を洗えば抱っこOK!

などいろいろと私の好みに合っていました♪

赤ちゃんはとても人間らしくなり足をびよんびよん動かしていたheart04

この頃から1週間くらい大きい子だった。

妊娠初期の頃①

<2007年7月28日>4週と1日

検査薬にて陽性☆

<2007年8月1日>4週と5日

病院では妊娠していたら5週目に入ってからきて下さいと言われていたのですが

旦那サマが一緒に病院に行きたいというので旦那サマの休みの日に少し早いけ

ど受診しました。

でもやっぱり早かったみたいで胎嚢は見えなかったdown尿検査では陽性でした。

いろんなブログを見ていてみなさんが4週目でも胎嚢が確認されていたので期待

していた私はがっかりthink

先生がまだ見えないのは問題ないと言ってくれたのでちょっと安心。

一週間後にくるように言われる。

<2007年8月2日>4週と6日

ハローワークに行き講習を受ける。

少しつわりの気持ち悪さがあるものの2時間なら大丈夫かと思っていましたが

途中からお腹に痛みを感じる。

ズキズキとして座っているのが辛くなる。

なんとか講習を終えて家に帰りトイレに入ると・・・少量の出血があった。

出血といっても茶色いおりもののような出血。

胎嚢が確認されていない状態での出血・・・。

一瞬流産の不安が頭をよぎる・・・。

どうしよう・・・とりあえず安静にしてみる。

病院に行くべきだと思ったが私の家からは病院は遠く1時間近く運転していくのが

怖かった。

旦那サマが帰宅して状態を伝えるととりあえず早く寝なさいと。

そして母に連絡し次の日に病院へ連れて行ってもうらう事になった。

<2007年8月3日>5週と0日

あれから出血はなくお腹に痛みもない。

病院へ行く途中、母が「どれだけ安静にしてもダメな事もあるよ・・。」というが私は

必死に神様にお願いをしていた。

お願いします・・私の赤ちゃんを守って下さい・・・。

そして受診。

先生に出血の事を告げ診察。

胎嚢のような黒い丸いものがいくつか見える。

先生は「この状態では赤ちゃんとは断定できない。出血の後のようにも見える」と。

「今の段階ではなんとも言えないけど流産の可能性もある」と・・・。

当初の予定の3日後にもう一度受診するように言われる。

もう一度尿検査をしたら前回より数値は上がってるから妊娠はしているらしい。

<2007年8月6日>5週と3日

あれから出血はなく痛みもない。

つわりの気持ち悪さだけが妊娠が継続されていると思わせてくれた。

旦那サマと一緒に病院へ。

怖かった・・・もう胎嚢が見えてもいいはず・・・

見えなかったら・・・

診察台へ。

画面に映る子宮の画像・・・・

先生 「赤ちゃんいますね!これが胎嚢です。少し出血の後があるけど無理を

    せずに安静にしていて下さい。また一週間後にきて下さい。」

        良かったぁ~~~~~~crying

その時のエコー写真↓

Img439_16 

嬉しくて嬉しくていつまでもエコー写真を見つめていました。