« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

ぐるぐるぐるぐる。

私の中の気持ちが毎日ぐるぐるぐるぐる・・

いろんな思いがめぐり・・・ぐるぐるぐるぐる・・・





ふと気付く。

ゆうたんと一緒にいる自分が安心している事に。

そして思う。

じゃぁそうたんといる私は・・・。


ゆうたんの健康と明るさに幸せを感じる。

じゃぁそうたんには・・・。



そうたんが和室のベッドに寝ていてリビングでゆうたんと

そうたんが生まれる前のような時間を過ごすとあの頃は

本当に幸せだったと思う自分がいる。

じゃぁ今の私は幸せじゃないのか・・・。




そうたんを可愛い、愛おしいと思うのにどこかで目をそらそうと

している自分がいる。

まだ現実として受け入れられていないんだと気付く。

生後3週間。

毎日毎日そうたんの左手を見てきているのに。


そうたんの右手がとっても可愛いおててでどうして左手はこう

育ってくれなかったのかと思わずにはいられない。



どうして・・なんで・・とどうしようもないのに思わずにいられない。




辛いのは誰なんだろう。

左手が不自由な子供を持った私なのか?

そうたんがこれから乗り越えていかないといけない運命を

思うと胸が張り裂けそうになる。

まだ小さな赤ちゃんのそうたん。

私の腕の中で眠っている赤ちゃん。

できるならこのままずっと私の腕の中にいさせたい。

世の中の目にさらしたくない。

でもそれは誰の為なんだろう?



私が辛い思いをしたくないからじゃないのか・・



私を選んで生まれたきてくれたのにどこかで受け入れらずに

なんてひどい母親なんだろう・・・

自分が辛くなりたくないからそうたんの存在を無視しようとしてる。


ゆうたんをみてこんな思いをする前に戻りたいと思ってる。




だけど今、そうたんがいなくなってしまったら・・と思うとそれは

絶対にいやだ!!!!

このまま元気に大きくなってほしい。

ゆうたんとけんかするくらいやんちゃな子になってほしい。

左手がこれ以上何もできなくても右手で頑張って生きてほしい。

生まれてきて良かったと思える人生を歩んでほしい。

昨日、そうたんの保険に加入しようとして初めての壁にぶつかった。

ゆうたんと同じ保険に入ろうとしたら入れなかった。

病気じゃないのにもしこれから手術をする予定があるとしたら

それだけで入れないと言われた。

その手術が数年先の事でも、その手術に関して保険請求しない

という事でもだめだと。

手術ができないと言われたら相談にはのれると。


思わず声が大きくなりそうになりつつ電話を切った。


これが現実なんだと思った。


でも母親の勤め先の保険は指のせいで病気とかになった時は

減額という形にはなるが保険適用されるし、それよりなにより

指の事が理由で入れない事はないと言ってくれていた。

ただゆうたんの保険の方が内容が少し良かったから念のため

聞いてみた結果だった。

母にいうとすぐにこっちの保険に入りなさいと言った。

すぐに用意してくれた用紙に記入して母に渡しました。




きっとこういう事がこれから山ほど目の前にやってくるだろう。

ゆうたんを育ててきた間にはなかった事が。



昨日、そうたんの保険証ができたので乳幼児等医療受給者証の

申請を旦那さまにしてきてもらった。

銀行で通帳も作ってもらった。

そうたんの存在がちゃんと世の中に認められていく。

頑張ろうと思った。



できること。

できないこと。



ひとつひとつクリアしていくしかないよね。



ぐるぐるぐるぐる回るけどまた元気になる。

結局は元気になるんだ☆


わたしって☆( ´艸`)プププ

笑う☆

そうたんに授乳してたらすぐに寝てしまいますsleepy

幸せそうな顔をしてぷひ~と寝てる顔はとっても可愛いw

じーっと見ていたら・・・


キャハキャハキャハ(≧∇≦)♪

と声を出して笑ったのです!!

でもすぐにまた寝てましたけど。。。



おもしろ~いo(*^▽^*)o

数日前にも同じような事があって気のせい?と思っていたけど

気のせいじゃなかった!

ゆうたんは生後1ヶ月の日に初めて声を出したのですが

そうたんはもう何度も「あふ~」とか言ったりしてて。


子育ってって一人ひとり違う体験ができるのだね♪



今朝もゆうたんはぐだぐだでした(;;;´Д`)ゝ

昨日の夜もなかなか寝てくれず・・。

寝たのは23時半前。

それもなぜか私の足元で。

ダブル布団に私とそうたんでベビー布団にゆうたんが寝てます。

ベビー布団にそうたんを寝かしたいのにゆうたんが陣取ってsweat01

なのに寝ようと誘ったら「いやだぶーだ」とか言って逃げて

わざとに私の足元の方へ行って隠れて私が見ているか

確認したりして。

そうたんの授乳が終わるまでずっとです。

そうたんもなかなかおっぱいを離してくれないので私も

身動きがとれずに目でゆうたんをにらみつつ見つめて

やっとやっとそうたんの口からおっぱいを外してそぉーっと

起きてみたら足元でぐぅぐぅ寝ているゆうたん。

重たい坊ちゃんを抱きかかえて布団に運んでやっと私の

睡眠が取れる~と思ったらげっぷが出ずに起きてふがふが

言うそうたん。。。(/□≦、)

抱っこしてトントンして・・・と顔を見たら~

あ~ら!おめめパッチリeye

(ノ_-。)・・・・オキチマッタノネ・・・




せっかく寝たゆうたんを起さない為にリビングに出て行って

ソファでそうたんを抱っこして寝かそうとするがじーっと母さんの

顔を見つめて困った顔のそうたん。

いや・・困っているのは母さんの方ですが・・・(p_q*)




母乳だと吸うのが疲れるのか本当にすぐにねてしまう。

ゲップもうまく出せないし。

とうかミルクでも飲み方がそりゃ空気飲みすぎだよ!と思う

ような飲み方で。

ちょっと母乳の飲んではちょっと寝て。

げっぷが出ない~と泣いて。

また口を小鳥のようにあけておっぱいを探すそうたん。

ずっとその繰り返しなのでついに疲れた母さんはミルクを

与えてしばしの休息をゲット。

そこでうまく寝付いてくれたらラッキー♪

がまたげっぷが出る~ときた日にはおめめが開いてしまい・・

ミルク攻撃も撃沈に終わり・・・il||li _| ̄|○ il||li



あの夜中の眠気との葛藤って母親にしかわからないですよね。

いつ授乳したんだかわからないくらい何度も何度もして

また泣いた時にはあれ?さっきあげたような・・・と思ったら

もう朝だったという感じ。

すやすやと一人爆睡のゆうたんをうらめしく思いつつ

夜泣きされるよりましかと自分をなだめつつ。




そして朝になり起しても起きないゆうたんとの戦いが始まる。



ご飯を食べない。

着替えない。

靴を履かない。


毎朝3拍子そろってますわ(;´д`)トホホ…




それでもなんとか準備して車に乗ってこっちをじっと見ている

ゆうたんに手を振るとバイバイと口が動いて手を振り替えして

いるゆうたんの顔がなんともとせつなそうで母の胸も

またせつなくなる。





そんな毎日です。

生まれる。

生まれる。観てますか?




なんというか今の私には涙なしでは観れないドラマです。

そうたんはダウン症ではない。

でももし生まれる前に左手の事がわかっていたら・・と

考えてしまいます。


他に障害があるのは生まれてからわかる事もある。

お腹の中でわかる範囲で異常があるのは手だけだと

わかっていたら。。。

それでもどこか他に障害があるのではと不安になったかも。


34歳で出産した私。

妊娠初期に羊水検査の説明を受けた。

でも受ける気はまったくなかった。

どこかで自分の子は大丈夫だと思ったから。



それでも検診の際には何度かダウン症の症状はないかと

たずねた事はある。

へその緒を首に巻いてないかとかも。





エコーで見えていた右手と両足は正常なのがわかってたから

まさか左手に障害を持っているとは思ってなかった。





そうたんが生まれて、今、本当に可愛くて愛おしくて毎日

抱っこしてはこの命の奇跡を感じてます。



よく生まれてきてくれたね。

おかあさんのところにきてくれたんだね。

ありがとう。


何度も何度もそう思ってます。




どうしてこうなってしまったのか理由を探しても意味がない。

だけどどこかで自分のせいかもしれないと思ったり。

妊娠初期にストレスから頭痛がひどくてなんどか飲んだ

ポンタールがよくなかったのかもしれないと・・

ネットで調べればポンタールはそこまで危険じゃないし

2~3回くらいだったのでそれで影響があるとは言えない。

でも飲んだ時期と薬がまったく関係ないとは言えない。

指が形成される時期だったかもしれない。

不安になって調べてみてはよけいに不安になる事ばかり

みつかり・・。



小児科の先生の言ったへその緒が絡んだというのは

もしかしたら私に対する配慮の言葉だったのでは?

と思ったり。

短指症という症状を検索してはどんな治療ができるの

かと思ってもそうたんに当てはまるような症状と治療

がほとんどない。

いろんな手の画像が出てきてまた辛くなったり。



買い物へ行くといろんな人の左手が目に付く。

指に障害がある人なんていない。

私も含めみんなにちゃんと指はある。

そうたんをこの世界に連れ出した時、みんながどんな目で

見るのだろうかと思うと胸が苦しくなる。

やはり可哀想に・・と思われるのだろうか。

それとも変な目で見られるのだろうか。


ネガティブになるのは簡単だな。

いくらでも不安はつのり、かなしくなり苦しくなる。





できない事を考えるとそれはたくさんありすぎて

当たり前に出来るゆうたんの行動がそうたんには

できるのだろうかと思って。



自転車は乗れる?

ボタンは自分で止めれる?

お茶碗を左手で持てる?

ずぼんは、パンツは自分で履けるのかな?



もうきりがありません。





だけど目の前にいるそうたんを見ているとその

可愛さに心が癒されます。

可愛さゆえに辛くなる事もあるけれど絶対的に

癒されてる方が多いです。

最近、笑うようになりました。

これは新生児期のほほえみなのだと思うのですが

何度も何度も笑います。

これがまた愛らしくて母は一緒に笑っています。

こんな顔して笑うんだねって。

ちょっとほっぺにお肉がついてきて体重を測って

みたら4キロ近くなっているようですw

そうたんはちゃんと成長してます☆


私に抱っこされて安心して眠っている顔をみていると

どんな事があっても絶対にお母さんが守っていくから

と思います。

できない事が目の前にきたら一緒に出来る方法を

考えていこうね。

辛い気持ちに耐えられなくなったら一緒に泣いてすっきり

してまた一歩踏み出せるように。




指は短くてもちゃんと5本ある左手。

この子はちゃんと五体満足で生まれてきたんだと

私は思います。





ゆうたんもお兄ちゃんらしくいろいろと手伝ってくれますw

おむつは毎回取ってきてくれるし、毎日一回は抱っこして

「ぼくのおとうと!かわいいね」って言ってます。

嫉妬はしません。

でも寝起きとか寝る前は甘えん坊さんになって泣いたり

する事もあるます。

そうたんの授乳が終わるまで寝ません。

旦那さまが休みの日はそうたんを旦那さまに抱っこさせて

ゆうたんと二人だけで布団に入ります。

するとそうたんがいる時よりずっと早く寝てくれます。

嫉妬はしないけど自分だけのお母さんになるのをずっと

待っているんだなと思います。



自分の事は超反抗期ですべて「いやだもん!ぶぅ~だ!」と

言ってますが(゚ー゚;

トイレもすっかりやる気がないのか「赤ちゃんになった」と

言ってわざとパンツにしてます。

着替えもなかなか出来ないし。。。

怒っても時間の無駄なのである程度言ってもきかなかったら

手伝ってます。

かまってほしい気持ちの現われだとおもうので。





保育園も朝は旦那さまに送ってもらってますが行かないと

いう事も増えました。

わざとに理由をつけて逃げて行ったり。

でも行ってしまえば元気に過ごしているようですw

姉にお迎えをお願いしてますが姉を見つけると逃げていく

くらいまだ遊びたいようだし(笑)




とにかくほぼ一人で二人の育児と家事をこなさないと

いけないので毎日が戦争のようです。

そうたんはおっぱいを飲むとすぐに寝ちゃうしげっぷが

下手なのですぐに泣くし。

げっぷしたらしゃっくりしてまた泣いて。

エンドレスです~~(。>0<。)




たまにミルクをあげてしっかり寝てもらってます。

完母でいけたらいいなとは思うけどこちらの体力も

限界があるし保育園に行くとどうせミルクを飲んでもらう

わけなので。

この前は疲労と寝不足から頭痛がひどくて死にそうでした。




年を感じるこのごろです。。。





足型☆

昨日、黄疸の再チェックに病院に行きました。

ちょっと黄色が戻った気がして怖かったけど数値はあがって

おらず再治療はしなくて良かったですw


ゆうたんの時にもとった足型をとりましたw

Img_0500

ゆうたんのと比べると本当に小さい!!

っていうかゆうたんがでかすぎだったのか(笑)







Img_0503

この情けない顔が好きheart04

なんとも困った顔をするのです( ´艸`)プププ




日々可愛さが増してたまりません(*≧m≦*)

おてての事を忘れてしまうくらいいつもの日常があって。

この可愛い人がいて。

幸せ~~~~lovely


だけどその幸せに浸っているのがふと怖くなって。

つい左手を服から出して現実と向き合おうとする自分がいます。




短い可愛い指をマッサージしてなんとか少しでも長くならないかと

毎日想いをこめてます。

すると本当にちょっとずつ長くなってるような気がしたり(笑)



今でも夢ならいいのにと思います。

そうたんの左のおててが右と同じだったらと。

本当ならここまで育っていたんだと右手の指をみてしまう。




原因を探しても意味がないのにエコーの写真をみていつの

時点でこうなったのかとその時わかってあげられたらと・・


仕方のない事ばかりしてます。





悲しんだり泣いたりするのは簡単だ。

将来をどれだけ想像してみてもきっとそうたんはそんな心配を

よそに強く育つと思う。

だからふとよぎる不安もすぐに消し去るようにしてます。




今はまだ小さな赤ちゃんだから私の手がなければ何もできない

けれどすぐにゆうたんのように「じぶんで!」星人になるだろうし。




そのゆうたんはそうたんに嫉妬する事はまったくしません。

それよりお世話をしたくてしたくてという感じ。

「かわいいね」ってよく言ってます。

保育園でも「おっぱいのんだ」とか「泣いてた」とか先生に

報告しているようです。



でも反抗期は真っ盛りのようで(;;;´Д`)ゝ

何を言っても「いやだ!」と言います。




夜泣きもしないけどちょっとでも怒られると「いやなんじゃー」と

バシバシなぐってきます。

ご飯もまた食べなくなり、トイレも気分次第。

なるべく怒らないようにしてますが度が過ぎるとやはり怒って

しまいます。

怒った後はしっかりと抱きしめて怒られた理由を話して

わかってもらおうとしてますがまぁ・・ぼちぼちですね。



ゆうたんなりの頑張りもわかるので。


しかし、そうたんがあまりにも小さいのでゆうたんがとてつも

なく大きくみえますw(゚o゚)w

こんなに顔大きかったかな?

こんなに背は高かったかな?

こんなに重かった??というくらい抱っこしたら腰が抜けそうに

なります(ノ_-。)





今日は保育園に行かないとだたをこねてあの手この手で

なだめましたが時間がなくなってきたので強制的に

旦那さまに連行してもらいました。

泣き叫ぶゆうたんを見送るのはぐっとくるものがありましたが

今は頑張ってもらうしかありません。



土日は休みなので一緒に過ごす事がストレスにならない

ようにしたいものです。






そうたんは昼間は爆睡、夜中はおめめぱちり。

毎日1~4時くらいはずっとおっぱいか抱っこかで過ごしてます。

新生児ちゃんのお世話で使っていない筋肉を使っているようで

肩こりとか腰痛とかいろいろ体が悲鳴をあげてます。



今日はどこにも行かなくていいので昼寝は一緒にして

やろうと思ってますが・・できるだろうか?




おばかルナさんがバウバウ吠えてくれるのでイライラします。





まだ子供二人の生活のリズムが整ってないのでよけいな

動きもあるような気もするけどこれもぼちぼちですよね。

眠れるタイミングもそのうち見つかるかな~。





家の事もしないと!と思ってつい動いてしまうし。

すると子宮がきゅーっとなってしまうのでちょっと休憩して。

横になるとそうたんが泣くという繰り返し。




一度寝てしまったら起き上がるのが辛いのでどうせならと

起きたまま過ごしてしまうとよけいにしんどくなってるのかも。



あーお腹が空いてきた。

母乳はまぁまぁいい感じですがそうたんの吸い方が浅いので

乳首に傷が出来てちょっと休憩中。

搾乳してます。

これもゆうたんの時と同じ。

そろそろ絞ろうかな~。

張ってきたわん。



退院しました☆

私は昨日、一足お先に退院してましたがそうたんは黄疸治療の

為、今日まで入院していました。

数値も下がって無事に退院となりましたヽ(´▽`)/




ゆうたんも保育園をお休みして家族みんなでお迎えに。


Img_7884_1

初めての4人家族写真heart01

私の顔のむくみがひどいのはお許しを~。






昨日はゆうたんと久しぶりの日常を送りました。

保育園のお迎えも行きました。

私を見るとなんだか照れくさいような嬉しいような

顔をしてました。

ずっとおりこうさんだったようで私の顔を見ると

ちょっとわがまま言ってやろうかという部分もあり

甘えたいような反抗したいような感じでした。




一緒に買い物に行って姉の家へ荷物を受け取りに行って。


家に帰ってからも出産前と同じように私は動いて過ごして

いたのですがゆうたんにとってはこの数日との違いを

ひとつひとつ確認するところがありました。




「おかあさん、じょんびん(病院)帰る?」

「赤ちゃんいないの?」

「お二階で寝る?」・・お父さんとは2階で寝たようです

「ここで一緒に寝る?」


あとは私が搾乳していると「なにしとん?」と近づいてきて

「ぼくもする~」と自分の胸を出したり(笑)

哺乳瓶の消毒、クーファン、ベビーバス等の赤ちゃんグッズを

すべて「これは誰の?」と確認。




テンションが高く、そして安心しているようにも見えました。

夜も中々寝付かなかったけどいつものように私がとなりに

いるのをじっと確認しながら目をつぶってました。



夜泣きもとりあえずなかったです。




ゆうたんの時も黄疸で治療して入院していたので一人で家に

帰ってきた事がさみしくて泣いてましたが今回はゆうたんが

いてくれるので日常の時間を過ごせました。

私にとってもゆうたんにとってもいい時間でしたw



搾乳しても25mlくらいしか出ずにおっぱいもそんなに張る事

なかったのに病院でそうたんに授乳したらその後から

どんどんおっぱいが張ってきて。

授乳中もドクドク出てくるのがわかりました。

女性の体って不思議ですよね☆




すっかり黄色が消えて色白ちゃんになったそうたんですw

Img_7865_1




コメント頂いただるまさん、のんさんありがとうございました!

記事と一緒にお返事で失礼します。

みなさんお母さんなのできっと私と同じように胸を痛めて

下さっている事と思います。

だけど我が子は我が子。

食べてしまいたいくらい可愛いですw

小さなおててもこの子の魅力☆

その気持ちもわかって頂いてると思います。

不安がなくなる事はないと思いますが今はこの子の成長を

日々楽しんで慈しんで行こうと思います。




私には日常の生活の中でもたくさんの支えてくれる人達が

いてこのブログという世界でも応援してもらえて。

本当にありがたいことだと思ってます。





病院でもランチやディナーをご一緒させてもらったママさん達に

素直に話してみました。

ちょっと驚いた顔はしてもすぐに元気ならというお母さんの気持ち

を口にしてくれました。

同じ日に出産した4人の赤ちゃんのママさん以外もみんな

一瞬で私の気持ちをくんでくれました。

流産の経験がある人、治療で双子を授かったのに一人だめに

なってしまった人、斜視の手術を控えた子がいる人。

それぞれに辛い体験がありました。

そうなんですよね。

一見幸せそうに見えても人にはいろんな事情がある。

それを知っている人の方がきっと多いはず。

時にひどい事をいう人も出てくるでしょう。

でもそれも何かの勉強なんでしょうね。



部屋にこもって新生児室にいけなかったあの時間より

ずっとずっと楽しい時間を過ごせて勇気を出して一歩歩いて

みてよかったと思います。

きっとこれからもこうして小さな一歩からいろんな事が始まって

いくんだと思います。





小児科の先生の判断では指は短くてもあるのできっと成長の

どこかで臍帯が手に絡んでうまく血液がいかなかった可能性が

高いとの事でした。

いわゆるお腹の中での事故という事でしょうか。

遺伝とか染色体異常とかではないと。

だったこの子はこんなに元気そのものだよと。

それを聞いてちょっとほっとしました。

先天性の奇形だったとしたら・・・と思っていたので。

そうたんは元気な体で大きくなろうとしていたんだ。

だけど自分でどうしようもない事がお腹の中で起きていて

そこで左の指が成長できずに生まれてきたんだなと。




一ヶ月検診の時に専門の病院を紹介してもらってそこの先生と

将来に渡ってどういう治療をしていくか相談していけばいいと。

まだ赤ちゃんなので今は付いているだけに見える指もどう成長

していくかわからないと。

右手と同じようになるのは難しいかもしれないけど少しでも指が

長くなる可能性もあると信じて頑張ろうと思います。

親指はちゃんとあるので。

この子の未来は明るいと信じてます。





そして名前なんですが「そうな」と決めていたのですがうちの父が

もっといい画数で人から愛される子にしてあげたいというので

ゆうたんと同じ画数でもう一度決めなおしました。

うちの父は名づけの先生?だったり拝み手の先生だったりする

ちょっと変わった人物(笑)

ゆうたんの画数が父の中では一番いい画数らしい。


いろいろ検討したもののどうしても「そうちゃん」と思って

しまって他の名前にはぴんと来ず。

「想」の字はもうつけられないので「創」の字で「そうた」に

する事にしました。

「創」には作り出すとかはじめてとか何か自分から生み出して

いく意味があるので縁があると思いました。



今日、出生届けを出してきたので正式に決まりました☆




なのでブログ上は変わらず「そうたん」ですheart04

改めてよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

ちょっと前進☆

おはようございます(≧∇≦)

お部屋にパソコンがあるのでパソコンから書いてますw

コメントくださったhapiさん、どん胡麻ママさん♪

ありがとうございます!

心配かけてしまってごめんなさい。

昨夜も涙をたくさん流しました。

でもいろんな人からもらったメールを読み返し、コメント頂いた

気持ちを自分なりに受け止めてみました。

赤ちゃんは夜、新生児室で預かってもらいました。

出産後、ほとんど睡眠がとれていなかったので昨夜は眠ろうと

思ってなんとか3時間だけ眠りました。

朝方、4時前に目が覚めてそこからまた頭の中をぐるぐると

いろんな思いがめぐり・・。

また泣いてました。




今いるお部屋はゆうたんを出産した時と同じ部屋です。

あの時と違うこの状況になんでだろうと思うばかりで。

でもこのままじゃだめだと思ってじーっと明けてくる空を

窓から見てました。


自分なりにいろいろ整理してみました。

みんなが赤ちゃんが私を母親に選んでくれたのは

しっかりと育ててもらえるからだと言ってくれます。

乗り越えられない試練はないと。

あなただからこそ生まれてきてくれたんだと。

その意味をずーっと考えてました。

隣にある不妊治療をしていた病棟を見てました。

あの場所から始まった赤ちゃんの命。

人工授精で授かった命。

どうしてもどうしても会いたかった命。


みんなより小さな左手と指を持って生まれてきた赤ちゃん。

どうしてと思ってみてもどうにもならない事。

この子はそういう運命のもとに授かったのだから。

染色体異常で途中で育たなかったかもしれない。

でも順調に育ってくれました。

おなかの中で元気に動いていた。

そして元気に生まれてくれた。

かわいい産声と共に。



生まれるべくして生まれてきたんだ。



なぜ私を選んでくれたのだろうか。

ずっと考えてました。

私は人の目をすごく気にするし、見た目も気にする。

とっても小さい人間だと思いました。

赤ちゃんが人からどう思われるのかとそればかり考えて。

昨夜、赤ちゃんは少しお熱が出てました。

呼吸も速くなっていたようで。

お薬をもらって落ちついたようでした。

左手の事があるので他にも異常がないだろうかと

ずっと体を確認してしまってました。

見えてないところは大丈夫なのだろうかと。

今のところ問題はないと言われてますが。

不安で仕方なくて。

ちゃんと育ってくれるだろうか。

ゆうたんのように元気に大きくなってくれるだろうか。


左の腕やこぶしは体の成長と共に一緒に大きくなって

いくだろうか。

今は腕は同じで手は少し小さめです。


まだ授乳も寝てばかりでほとんど飲んでなくて。

おっぱいをくわえてもすぐに寝てしまってます。

なのでおしっこもほとんどしてません。

またそれが怖かったりして。

お熱が出たと聞いてまた不安になって。

体が弱いのかもしれないと・・。

もう本当にびくびくしてしまって。

でもお薬を飲んだらすぐに落ち着いたようで大丈夫でした。

その時赤ちゃんの命の重みをあらためて感じました。

お手手が違ったって元気に育ってくれたらそれでいいんだ。

どうか他には何もありませんように。

いっぱいおっぱいを飲んで大きくなってほしい。


流産や死産や大きな疾患を持ってくる赤ちゃんもいる。

そうだったとしたら今の気持ちなんて比べようもないだろう。


この子は元気に生きているのにと。

何を泣くことがあるのだろうかと。



できない事を探すよりこの子ができる事を一緒に探して

いけばいいのだ。

不自由な部分を他の部分で補って成長していくに違いない。

きっと人の気持ちのわかる強い子に育つ。

私の役目はそれをサポートする事。

泣いて嘆くことではない。



私に与えられた人生の課題。

今までの人生で勉強できてこなかった事なんだ。

もっといろんな事を知り、いろんな考えをもってより強く

なりなさいと神様が言ってるのだと思いました。

私を選んで生まれてきてくれたゆうたんと赤ちゃん。

二人のお母さんになれたのはすごい事。

奇跡なのだから。



たからものが増えた喜びを大切にしよう。



共に生きていける事に感謝しよう。




赤ちゃんの名前は「そうな」くんです☆

これからブログでは『そうたん』としますw

ゆうたんには『悠』、そうたんには『想』の字を名づけました。

どちらにも心が入ってます。

心のある人になってほしいからです。

人を想う子に。

画数は自分で人生をたくましく築いていけるように。

優しく強くという想いを二人の名前に込めました☆

きっとそう育っていってくれるはずです。

私はそれを楽しみに育児をしていきます。


まだまだ始まったばかりですが一歩一歩歩いていきます。

一緒に悩んでくれる励ましてくれる人たちがたくさんいる。

私は幸せです☆



毎日がHAPPY♪

やっぱりこれがモットーですね( ´艸`)プププ


感情にまだむらがあるのでまた落ち込む事もあると思いますが

絶対に乗り越えていくので応援お願いします!

まだまだ…

まだまだ…
まだまだ…
まだまだ…
今日は旦那さまがまた急遽休みになったようで昼からゆうたんを連れて病院に来てくれました☆

昨日は姉のうちにお泊まりしたけどちゃんと寝れたみたい(*^o^*)

赤ちゃん抱っこすると言って抱っこしてくれました♪
はしゃいだり甘えたりしたけど帰りはちゃんとバイバイして帰って行きました。
明日も旦那さま休みにしてもらったようで西宮から両親がくるからまたゆうたんを連れて来るみたいです。

赤ちゃんは朝から一緒に部屋にいます。
夜は眠れませんでした。
朝起きてまた涙が止まらずに…
助産師さんが赤ちゃんと一緒にいた方が元気になれるならと同室にしてくれました。
赤ちゃんを抱っこしたら涙がピタッと止まり可愛くて可愛くてずっと抱っこしてました。


でもまた旦那さまとゆうたんを見送ったら涙が出てしまった…

ゆうたんの五体満足がまぶしかった。
同じ兄弟なのにと思わずにはいられなかった…
赤ちゃんの将来を思うだけで不安でいっぱいになる…
どうして…と思っても仕方がないのに頭で理解していてもまだ心がついていきません。
情けない母親です…

ごめんなさい…
こうしてブログに気持ちをぶつける事で整理していきます。
まだまだです…

生まれました☆③

生まれました☆③


姉妹と父には電話で話したらみんな動揺はしたけどすぐに元気な赤ちゃんなら良かったと言って私を気遣うように明るく受け止めてくれました。
母は中々電話に出なかったので旦那さまが帰ってからすぐに電話をしたら姉から聞いていたようで…
手の事を話そうとすると体重とか早く生まれて良かったとか明るく話してくれて。
だけどやっぱり私が途中から泣いてしまって…
仕方よと頑張って育てていくしかないよと元気に育ってくれるならそれでいいじゃないかと。
あなたの気持ちはよくわかるから今日だけ泣いて明日からまた頑張っていこうと言ってくれました。
もう二人で号泣でした。

正直、今もまだ夢ならいいのにと思ってます。
明日赤ちゃんに会ったらみんなと同じお手手だったらと思ってます。

だけどこれは現実。
泣いても寝ておきてもどうにもなりません。

受け止めていくしかないのです。


だって可愛くて可愛くていとおしい我が子にはかわりなく元気に生まれてきてくれた事には感謝の気持ちでいっぱいなんです。
誰のせいでもなく赤ちゃんに与えられたお手手がちょっとみんなと違ってしまっただけ。
とっても小さなその手を自分で吸っている姿を見ていたら生きている力を感じました。
きっとこれからいろんな葛藤と向き合っていかないといけない。
まだまだ涙も出るかもしれない。
だけど私にとって待望の第二子の誕生は素晴らしい事であって泣いて悲しむ事ではない。

本当はブログに書く事すら精神的に簡単ではありません。
でも今頑張って前に進む為に記録の始まりとして残しておこうと思い書きました。

今まで応援して下さった皆様にも動揺を与える内容となってしまい申し訳ないですが赤ちゃんはとっても元気でとっても可愛いです☆

私は胸を張って子育てをして行こうと思いますのでどうかこれからも応援して下さい(*^o^*)

眠れるかわかりませんが眠るよう頑張ってみます!
7時には初授乳があるから母さんは泣いてたらおっぱいが出なくなりそうだし〜

頑張ります(^_^)v

生まれました☆②

生まれました☆②

すぐにカンガルーケアで胸の上にやってきた赤ちゃんが本当に可愛くて可愛くてよく頑張って生まれてきてくれたねと思いました。
ただひとつだけ…
この子がみんなと違っていた事に気づきました。

ゆうたんの時もすぐに確認したんですが…
左のお手手がみんなと違ってました。
親指だけは普通にあってあとの4本は指と爪はあるけど第一関節もないくらい短い指でした。
最初はグーをしてるのかと思ったのです。
でも違いました。
動揺したのは言うまでもなく…
思わず赤ちゃんにごめんねと言った私にまわりの人がお母さんのせいじゃないよ、赤ちゃんはこんなに元気に生まれてきたよと言ってくれました。
旦那さまもショックだったようですが動揺してる私に安心させるように大丈夫と言いました。
産後の処置をしてもらってる間ずっと赤ちゃんを抱っこしていてその間はまだ無事に生まれてくれたからそれでいいと思ってました。でも赤ちゃんが新生児室に行ってしまって旦那さまが晩御飯を買いに行って一人になった途端…
我慢してたものが込み上げそうになり…
なんとか部屋に移動するまでは我慢したんですが…
旦那さまと二人になった途端に泣いてしまいました。泣いたって仕方ないし、命に係わる事でない事は本当に良かった事。
それでもやっぱりゆうたんを思い出すと同じように生んであげられなかった事が悲しくて申し訳なくて泣かずにはいられませんでした。
旦那さまも泣いたらいいと言ってずっと泣き止むまで黙っていてくれました。
だけどお前が強くならなければいけないんやからと励ましてくれました。

みんなに生まれましたメールを送ってたからどんどんお祝いメールがきて…
手の事は触れてないから当たり前だけど元気な赤ちゃんでよかったという内容にまた泣けてきて…

生まれました☆①

生まれました☆①
5月6日19時9分に予想外にも標準サイズの3378gの元気な男の子を無事に出産しました(≧∇≦)


まぁ推定体重よりはやはり500g近く違ってましたがf^_^;


10時より開始した陣痛促進剤が20から始めて11時前に40に上げたらそこから10分間隔になり!
順調に陣痛が進み12時20分には3分間隔になりました。
12時45分には破水とおしるしがあって!
破水はチョロチョロという感じでした。

ただそこからが中々間隔が変わらず…陣痛の時間も長くなるのに時間がかかりましたf^_^;
でもまだまだ余裕でした。14時で2センチ、16時30分には6センチとまぁまぁの進み具合だったようです☆
だんだんとおしりが痛くなりだしてからはどんどん陣痛も痛くなってきて…
18時30分後にはもう痛くて痛くて叫びまくりのそしていきみたくなってきてどうしようもない状態に(┳◇┳)

ナースコールをしていきみたい事を告げたけどまだ子宮口は6〜7センチ(*_*)
ただ陣痛がきたら8センチまで開くという事でいきみがOKになりました。
そこからはいきめる〜と思って頑張ってみたけどなんだかいきみ方がわからなくて中途半端な感じがまた辛くて…
破水もドバドバ出るのが気になるし(┳◇┳)
でもそこからは割りとスムーズに下がってきてくれて頭が出かかるまでは早かったです☆
だけどその頭がまた中々出なくていきまずに呼吸をしなさいと言われても痛くて痛くていきんでしまって…

それでもここを頑張って乗り越えないと生まれないと思って本当に死ぬ気で呼吸をして最後は短いいきみと呼吸を繰り返してなんとか無事に出産となりました☆

なんだかゆうたんの時より早かったわりにはとっても辛かったです(;_;)
だけど生まれてきた姿にはやはり感動して涙が出てきました。

入院しました☆

おはようございます☆

結局、GW中には何事もなく(-.-;)
先ほど入院しました。
内診してもまだ頭が高い位置にあるらしく…
子宮口は開いてはないけど指一本入るくらい柔らかくはなってるみたいです!


今はモニター中(^w^)
赤ちゃんの状態をみて点滴で誘発をしていくようです。
なんだかとっても人事でして(-.-;)
私が生むのよね?みたいな感じです(^_^;)


ゆうたんは今朝、姉に預けてそのまま保育園へ行ったみたいです。

預けた時にそぉっと居なくなったから姉に『お母さんは?お父さんは?』と何度も確認したようですf^_^;
泣きはしなかったようで保育園に着いたらやたらハイテンションだったとか(^_^;)


ゆうたんにも頑張ってもらわないといけないのですが夜が大丈夫かなぁと心配です…


知恵熱出さなきゃいいけど…

はぁ~どんな1日になるんだろう…
今日中に生まれる気がしないんだけどなぁ…


暇なのでちょくちょくブログ書けるかもf^_^;

39w6d☆入院決定☆

10ヶ月検診4回目に行ってきましたw

昨日から足の付け根が痛いのと腰が痛いのと朝から

前駆陣痛もあって。

少しは下がったかと期待して行きましたが・・・



結果。

変化なし(;ω;)



なのでもう6日に誘発して生む事をお願いして帰ってきました。

もちろん今日の夜、産気付く可能性もありますが・・。



推定体重は2900㌘。

そんなわけないねーと先生まで認めているこのお腹。

もう少し様子をみましょうと言われたけどもう十分育っていると

思うし、いろんな人の予定もあるので決めました。

リスクは怖いけど・・きっと大丈夫と信じて。



母さんは心を決めたのであとはベビちゃんにも頑張ってもらって

いいお産ができるようにshine






ゆうたんの時は推定3300㌘が4096㌘だったので今回は

2900㌘が一体どれほどの誤差なのか・・・

頭の方はいちおう標準に落ち着いているようですけどね~。





この3連休を3人家族で楽しみたいと思いますw

って3.4日は旦那さま休みですが5日は仕事。

ゆうたんとの時間を大切に過ごしたいと思います。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆






病院が終わって会社の人にお誘いを受けてランチをして

きました。

13歳年上の女の人(Aさんとします)なんですがいつもいつも私をはげまし

助けてくれるいい人ですw

例のパートさん(Bさんとします)の事もいつも相談に乗ってくれて。

今日もその話になりました。

金曜日に私が店に来た事をAさんに言ってきたそうで。

そしてどうしても私の事がだめなんだと言ったそうです。

理由は語らないけど。

Bさんにはいろいろと悩みがあるようで彼女も大変な時期では

あるようですがその大変な時期に妊娠していろいろと配慮をして

もらってまわりのみんなからちやほやとされている私の事が

ねたましいと思っていたのかなーという感じです。

Bさんの口からはっきりした理由が出ないのでAさんも私も

いろんな事から憶測して理解するしかないのですが。

これといった原因がわからないのです。

Bさん自体の性格がこれまたかなりのむずかしい子なので。

私だけじゃなくいろんな事に対して切れやすいというか・・・。




Aさんと私は考え方もよく似ていて一緒に仕事をしていて

本当にお互いに気持ちよく働けるのですが。

AさんいわくBさんにないものをすべて私が持っていて

うまく行かない現状と私とのギャップからこうなってしまって

いて本人もなんでだめなのかわかってないような気がすると。




そして彼女は転職を考えているようです。

これは収入の問題らしいですが。

まだ決定はしてないようですがこの話を聞いてほっとしたのは

言うまでもありません。

ここまで嫌われてしまってまた一緒に働く事はわたしにとっても

苦痛以外の何者でもありません。

私が転職を考えてるくらいですから。




もし11月の復帰までに彼女の転職が決まらなかったとしても

それまでに辞めてしまうんじゃないかとAさんに言われました。

彼女にとっても私が戻ってくる事は苦痛でしかないのだから。




いつもどうしても合わない人ができてしまうと向こうからいなく

なってくれるという変なジンクスがあります。

今回もそうなりそうです。






私としてはどこかで修復したい気持ちはありますが

今日のAさんの話を聞くともう無理なんだと思いました。





みんなに好かれるなんて無理だけどできれば嫌われたくは

ないものです。

Aさんはいつも私が幸せそうに見えると言ってくれました。

そう、幸せなんです。

だけどそれは何の努力もしないで手に入れたものではない。




人は見えているだけじゃわからない事ってたくさんあります。

口にするだけが本音でもない。

そういう深いところを知りもしないで勝手に妬まれてもという

気持ちもあるのでもうBさんとの事はこれでけりをつけます。

例え復帰した時にまだいたとしても。




なんだかこの前の金曜日以来ちょっとBさんとの事がまた

思い出されて嫌だったのですが今日すっきりしました。






私は目の前にある大事なものを守る。

毎日がHAPPYshineという生き方を続ける。





自分が自分らしく生きる事って大事。

その自分がどういうものなのか知るって大事。

支えてくれる人がいるって本当に幸せな事。

時に嫌われる事も大事なのかもしれない。




人生何事も勉強ですね。






さぁ、後は生むだけだ~~~~~~!!

カモンベイビーだヽ(*≧ε≦*)φ


« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »