カテゴリー「生後0ヶ月」の記事

足型☆

昨日、黄疸の再チェックに病院に行きました。

ちょっと黄色が戻った気がして怖かったけど数値はあがって

おらず再治療はしなくて良かったですw


ゆうたんの時にもとった足型をとりましたw

Img_0500

ゆうたんのと比べると本当に小さい!!

っていうかゆうたんがでかすぎだったのか(笑)







Img_0503

この情けない顔が好きheart04

なんとも困った顔をするのです( ´艸`)プププ




日々可愛さが増してたまりません(*≧m≦*)

おてての事を忘れてしまうくらいいつもの日常があって。

この可愛い人がいて。

幸せ~~~~lovely


だけどその幸せに浸っているのがふと怖くなって。

つい左手を服から出して現実と向き合おうとする自分がいます。




短い可愛い指をマッサージしてなんとか少しでも長くならないかと

毎日想いをこめてます。

すると本当にちょっとずつ長くなってるような気がしたり(笑)



今でも夢ならいいのにと思います。

そうたんの左のおててが右と同じだったらと。

本当ならここまで育っていたんだと右手の指をみてしまう。




原因を探しても意味がないのにエコーの写真をみていつの

時点でこうなったのかとその時わかってあげられたらと・・


仕方のない事ばかりしてます。





悲しんだり泣いたりするのは簡単だ。

将来をどれだけ想像してみてもきっとそうたんはそんな心配を

よそに強く育つと思う。

だからふとよぎる不安もすぐに消し去るようにしてます。




今はまだ小さな赤ちゃんだから私の手がなければ何もできない

けれどすぐにゆうたんのように「じぶんで!」星人になるだろうし。




そのゆうたんはそうたんに嫉妬する事はまったくしません。

それよりお世話をしたくてしたくてという感じ。

「かわいいね」ってよく言ってます。

保育園でも「おっぱいのんだ」とか「泣いてた」とか先生に

報告しているようです。



でも反抗期は真っ盛りのようで(;;;´Д`)ゝ

何を言っても「いやだ!」と言います。




夜泣きもしないけどちょっとでも怒られると「いやなんじゃー」と

バシバシなぐってきます。

ご飯もまた食べなくなり、トイレも気分次第。

なるべく怒らないようにしてますが度が過ぎるとやはり怒って

しまいます。

怒った後はしっかりと抱きしめて怒られた理由を話して

わかってもらおうとしてますがまぁ・・ぼちぼちですね。



ゆうたんなりの頑張りもわかるので。


しかし、そうたんがあまりにも小さいのでゆうたんがとてつも

なく大きくみえますw(゚o゚)w

こんなに顔大きかったかな?

こんなに背は高かったかな?

こんなに重かった??というくらい抱っこしたら腰が抜けそうに

なります(ノ_-。)





今日は保育園に行かないとだたをこねてあの手この手で

なだめましたが時間がなくなってきたので強制的に

旦那さまに連行してもらいました。

泣き叫ぶゆうたんを見送るのはぐっとくるものがありましたが

今は頑張ってもらうしかありません。



土日は休みなので一緒に過ごす事がストレスにならない

ようにしたいものです。






そうたんは昼間は爆睡、夜中はおめめぱちり。

毎日1~4時くらいはずっとおっぱいか抱っこかで過ごしてます。

新生児ちゃんのお世話で使っていない筋肉を使っているようで

肩こりとか腰痛とかいろいろ体が悲鳴をあげてます。



今日はどこにも行かなくていいので昼寝は一緒にして

やろうと思ってますが・・できるだろうか?




おばかルナさんがバウバウ吠えてくれるのでイライラします。





まだ子供二人の生活のリズムが整ってないのでよけいな

動きもあるような気もするけどこれもぼちぼちですよね。

眠れるタイミングもそのうち見つかるかな~。





家の事もしないと!と思ってつい動いてしまうし。

すると子宮がきゅーっとなってしまうのでちょっと休憩して。

横になるとそうたんが泣くという繰り返し。




一度寝てしまったら起き上がるのが辛いのでどうせならと

起きたまま過ごしてしまうとよけいにしんどくなってるのかも。



あーお腹が空いてきた。

母乳はまぁまぁいい感じですがそうたんの吸い方が浅いので

乳首に傷が出来てちょっと休憩中。

搾乳してます。

これもゆうたんの時と同じ。

そろそろ絞ろうかな~。

張ってきたわん。



退院しました☆

私は昨日、一足お先に退院してましたがそうたんは黄疸治療の

為、今日まで入院していました。

数値も下がって無事に退院となりましたヽ(´▽`)/




ゆうたんも保育園をお休みして家族みんなでお迎えに。


Img_7884_1

初めての4人家族写真heart01

私の顔のむくみがひどいのはお許しを~。






昨日はゆうたんと久しぶりの日常を送りました。

保育園のお迎えも行きました。

私を見るとなんだか照れくさいような嬉しいような

顔をしてました。

ずっとおりこうさんだったようで私の顔を見ると

ちょっとわがまま言ってやろうかという部分もあり

甘えたいような反抗したいような感じでした。




一緒に買い物に行って姉の家へ荷物を受け取りに行って。


家に帰ってからも出産前と同じように私は動いて過ごして

いたのですがゆうたんにとってはこの数日との違いを

ひとつひとつ確認するところがありました。




「おかあさん、じょんびん(病院)帰る?」

「赤ちゃんいないの?」

「お二階で寝る?」・・お父さんとは2階で寝たようです

「ここで一緒に寝る?」


あとは私が搾乳していると「なにしとん?」と近づいてきて

「ぼくもする~」と自分の胸を出したり(笑)

哺乳瓶の消毒、クーファン、ベビーバス等の赤ちゃんグッズを

すべて「これは誰の?」と確認。




テンションが高く、そして安心しているようにも見えました。

夜も中々寝付かなかったけどいつものように私がとなりに

いるのをじっと確認しながら目をつぶってました。



夜泣きもとりあえずなかったです。




ゆうたんの時も黄疸で治療して入院していたので一人で家に

帰ってきた事がさみしくて泣いてましたが今回はゆうたんが

いてくれるので日常の時間を過ごせました。

私にとってもゆうたんにとってもいい時間でしたw



搾乳しても25mlくらいしか出ずにおっぱいもそんなに張る事

なかったのに病院でそうたんに授乳したらその後から

どんどんおっぱいが張ってきて。

授乳中もドクドク出てくるのがわかりました。

女性の体って不思議ですよね☆




すっかり黄色が消えて色白ちゃんになったそうたんですw

Img_7865_1




コメント頂いただるまさん、のんさんありがとうございました!

記事と一緒にお返事で失礼します。

みなさんお母さんなのできっと私と同じように胸を痛めて

下さっている事と思います。

だけど我が子は我が子。

食べてしまいたいくらい可愛いですw

小さなおててもこの子の魅力☆

その気持ちもわかって頂いてると思います。

不安がなくなる事はないと思いますが今はこの子の成長を

日々楽しんで慈しんで行こうと思います。




私には日常の生活の中でもたくさんの支えてくれる人達が

いてこのブログという世界でも応援してもらえて。

本当にありがたいことだと思ってます。





病院でもランチやディナーをご一緒させてもらったママさん達に

素直に話してみました。

ちょっと驚いた顔はしてもすぐに元気ならというお母さんの気持ち

を口にしてくれました。

同じ日に出産した4人の赤ちゃんのママさん以外もみんな

一瞬で私の気持ちをくんでくれました。

流産の経験がある人、治療で双子を授かったのに一人だめに

なってしまった人、斜視の手術を控えた子がいる人。

それぞれに辛い体験がありました。

そうなんですよね。

一見幸せそうに見えても人にはいろんな事情がある。

それを知っている人の方がきっと多いはず。

時にひどい事をいう人も出てくるでしょう。

でもそれも何かの勉強なんでしょうね。



部屋にこもって新生児室にいけなかったあの時間より

ずっとずっと楽しい時間を過ごせて勇気を出して一歩歩いて

みてよかったと思います。

きっとこれからもこうして小さな一歩からいろんな事が始まって

いくんだと思います。





小児科の先生の判断では指は短くてもあるのできっと成長の

どこかで臍帯が手に絡んでうまく血液がいかなかった可能性が

高いとの事でした。

いわゆるお腹の中での事故という事でしょうか。

遺伝とか染色体異常とかではないと。

だったこの子はこんなに元気そのものだよと。

それを聞いてちょっとほっとしました。

先天性の奇形だったとしたら・・・と思っていたので。

そうたんは元気な体で大きくなろうとしていたんだ。

だけど自分でどうしようもない事がお腹の中で起きていて

そこで左の指が成長できずに生まれてきたんだなと。




一ヶ月検診の時に専門の病院を紹介してもらってそこの先生と

将来に渡ってどういう治療をしていくか相談していけばいいと。

まだ赤ちゃんなので今は付いているだけに見える指もどう成長

していくかわからないと。

右手と同じようになるのは難しいかもしれないけど少しでも指が

長くなる可能性もあると信じて頑張ろうと思います。

親指はちゃんとあるので。

この子の未来は明るいと信じてます。





そして名前なんですが「そうな」と決めていたのですがうちの父が

もっといい画数で人から愛される子にしてあげたいというので

ゆうたんと同じ画数でもう一度決めなおしました。

うちの父は名づけの先生?だったり拝み手の先生だったりする

ちょっと変わった人物(笑)

ゆうたんの画数が父の中では一番いい画数らしい。


いろいろ検討したもののどうしても「そうちゃん」と思って

しまって他の名前にはぴんと来ず。

「想」の字はもうつけられないので「創」の字で「そうた」に

する事にしました。

「創」には作り出すとかはじめてとか何か自分から生み出して

いく意味があるので縁があると思いました。



今日、出生届けを出してきたので正式に決まりました☆




なのでブログ上は変わらず「そうたん」ですheart04

改めてよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

生後0ヶ月の頃

4月10日に退院したものの、黄疸の再検査の為次の日も病院に行く。

一人でゆうたんを連れて。

初めてのチャイルドシートは前夜、旦那サマがふててつけたせいか

頭の方が下がっていて(横向きに寝かせるタイプ)ゆうたんの頭に

血がのぼりそうだったsweat02

なんとか調整し、出発。

傷口が痛かったので痛み止めを飲んでいたからなんとか運転はできた。

ゆうたん・・・病院までの30分、ほぼ泣きっぱなしcrying

あかちゃんって普通車に揺られたら寝るはずなのになぁ・・・。

やっぱり頭の位置がよくなかったのかな。

病院につき、数値を測ってもらったら18あったら再治療のとこが17.5だった。

しかも昨日よりあがっていた。

もう一日様子をみましょうとまた次の日に病院へ。

数値は20になっていた。

24時間治療してもまれにまた数値が上がる事があるらしく、ゆうたんは

出産の時に吸引処置をしたため頭にこぶができていておそらくそのせいで

黄疸がきつくなったらしい。

そのまま治療の為にゆうたんは再入院となった。

退院してから二晩ゆうたんは寝てくれず寝不足と産後のむくみがひどく

顔はパンパンにはれていた私は気持ちも下がり気味でゆうたんと離れて

しまうのが悲しくてしかたなかった。

授乳をして帰って下さいと言われたのでおっぱいをあげていたら涙が

出てきた。でも泣いたらおかしいと思ってぐっとこらえた。

近くに住んでいたなら授乳の為に通うお母さんもいるみたいだけど

私は遠い為にそうはできず・・・。

黄疸を早く治す為にはしっかりおっぱいを飲ましておしっこやうん○で

菌を外に出すのがいいらしいが私は母乳がしっかり出てなかったから

再発したのかもしれないと・・・。

「入院中はミルクを飲ませるけどいいですか?」と言われ「はい。」と返事。

しかたないもんね・・。

次の日もお昼に授乳にくる事にしたのでそれまでは家で3時間置きに

搾乳して持ってきてねと言われた。

ゆうたんを預けて帰ろうとした時、担当だった助産師さんが見送ってくれ

「お母さんちょっとさみしいくなるけど頑張ろうね。」と言われ

「はい。私も体がしんどいからちょうど休めて良かった。」なんて笑って

エレベーターに乗り一人になった途端泣きそうで・・・。

車まで必死に我慢して乗った途端にポロポロ泣いてしまった。

別にゆうたんが大変な病気になったわけでもなく、一生会えないわけ

でもないのになんだか寂しくてしかたなくて・・・。

やっぱり産後は気持ちが不安定だったのだろうと思う。

家で3時間置きに搾乳をして次の日に持って行き、授乳をする時も

ゆうたんはおめめにばんそうこうをしたままなので表情が判らない。

治療が終り結果が出てそれで大丈夫でも念のためもう一日入院して

様子をみる事に。

「ゆうたん。頑張ってミルクいっぱい飲んで早くおうちに帰ろうね。」

とゆうたんを抱きしめた。

結果、数値は下がり次の日の小児科検診を受けて先生が大丈夫と

OKを出してくれたら退院という事に。

あかちゃんを生んだはずなのに家にはあかちゃんがいない。

お腹にもいない。

この二日間はとてもとても寂しい時間だったな・・・。

でも私はよく眠れたからかむくみがとれ、体も随分楽になっていた。

4月14日に無事に退院。

久しぶりにゆうたんのおめめが見れて嬉しかった。

Img_0119ちょっとお顔がすっきりしてきた☆

それからのゆうたんとの日々はなんとかおっぱいを飲ませれるようになったが

吸われる時、痛くて痛くて長い時間は授乳できずにミルクを足した。

授乳してない時も乳首がひりひりと痛かった。

おまけに私は傷口の痛みがひかずにもらっていた薬も飲みきって座る事が

出来なくなり、ゆうたんを抱っこして授乳する事ができなくなった。

病院へ行き、診察してもらったらまだ腫れていて「これは痛いね~」と先生もsweat02

薬をもらい飲んだら三日くらいしたら良くなった。

と思ったら今度は乳腺炎になりかけ、夜に病院へ行くはめに・・・

そんな日に限って旦那サマは飲みに出ておりまた一人でゆうたんを連れて

病院に行った。

診察してもらったらまだ初期症状だったため、薬と授乳の時にしこりを軽く

押しながら飲ませると治ると言われた。

良かった~noteと思った。

長女が乳腺炎になり高熱が続き膿がたまり、強制的に薬で母乳を止めた

のでもしかしたら私も母乳を止められるんじゃないかと心配だったから。

そんなこんなで出産してからもしょっちゅう病院に通った。

痛いことばかりで寝不足で・・おまけに抱っこしてないとぐずりまくりの

ゆうたんで腰が痛くなり、お風呂も一人で入れていた為左の肩にも負担が

かかり激痛が走るようになるcrying

そんなげっそりぐったりの0ヶ月の頃でした。